造成工事が伴う物件は予定通りに進まない場合があるので余裕のある計画が必要です!

2023年1月31日

 今日は昨年のGW前にご契約をいただきました物件のお引渡しがありました。 調整区域の農地のため、農地転用と開発許可が必要で、それから擁壁工事・盛土・整地と造成工事となるため、契約書上の引渡日は6ヶ月後の月末となっていまし […]

お隣さんは誰しも気になるもの!

2023年1月26日

物件写真を撮りに行くとご近所の方とお会いすることが良くあります。 今日も中古住宅の写真を撮っていると、お隣の年配のご婦人が「今度こちらに引っ越して来られる方ですか?」と聞かれたので「不動産業者の者です。」と答えると「良い […]

住宅省エネ2023キャンペーン

2023年1月16日

2050年カーボンニュートラルの実現に向け、家庭部門の省エネを強力に推進するため、住宅の断熱性の向上や高効率給湯器の導入等の住宅省エネ化を支援する新たに創設された3つの補助事業の総称です。 補助事業は以下の3つです①こど […]

現金主義でカードを一切使わない人は注意してください!

2022年12月15日

キャッシュレス決済が拡充してきた現代でも、カードは一切使わずすべての支払いを現金という方がいらっしゃいます。 実はお取引をさせていただいたお客様の中にも、カードを1枚も持ったことがなく、すべて現金という方がいらっしゃいま […]

任意売却物件の売買契約と決済

2022年12月12日

今回お引渡しとなった中古一戸建ては任意売却物件でした。 任意売却とは、何らかの理由でローンを返済できなくなった場合に、競売になってしまう前に債権者の了承を得て、残債のある不動産を売却することです。 通常の売買では売買代金 […]

【フラット35】中古住宅の技術基準が変わりました。

2022年12月9日

【フラット35】を使う場合、取得する住宅が、住宅金融支援機構が定める技術基準に適合しなくてはなりません。 特に中古住宅で築年数が経過している物件は、この基準に適合していないものが多く、「省エネルギー性」か「バリアフリー性 […]

公共下水が通っていない土地の注意点

2022年12月8日

汚水・雑排水の排水は、公共下水と浄化槽になります。公共下水は公営水道と同じように道路に本管が埋設されているので、そこからの取り出しになります。 公共下水のある所は浄化槽を使用するのではなく、公共下水を使用しなければならず […]

土地を選ぶ際に給排水がどのようになっているか気を付けましょう。

2022年12月6日

家を建てるのに給水と排水は不可欠の設備です。分譲地で引込済みになっている物件は問題ありませんが、土地を購入して家を建てる場合、引込があるのとないのでは大きく予算が変わってきます。 昔家が建っていた土地であれば、宅地内に引 […]

浸水想定区域内での開発許可基準

2022年11月26日

高崎市の市街化調整区域における「自己の居住の用に供する住宅」(都市計画法第34条11号)では災害リスクの高いエリアにおける開発行為を抑制するため、令和4年4月1日より開発許可基準が一部改正されました。 「浸水想定区域のう […]

新築物件・中古物件の見学時のチェックポイント

2022年11月24日

新築の場合、未完成物件なのか、完成物件なのかで確認できるポイントが違ってきます。完成物件の場合、実際に物件を見ることができるので、広さや仕様、設備などのほか、周辺の環境なども細かくチェックしましょう。 未完成物件でモデル […]