b8e85d7c945892b12589559b22092684_s

買付証明と値下げ交渉

By miki, 2018年12月2日

不動産を購入する際に先ず行っていただくのは

買付証明書という書類の作成です

 

これは私〇〇がこの物件をこういう条件で購入したいという

購入を前提とした意思表明です

kaituke

契約書ではありませんが

書きました止めましたでは売主様や仲介業者に迷惑を掛けますので

この書類を記入する際は十分検討し

ご納得いただいた上でお願いします

 

では購入の際の条件とは何かというと

一番多いのが値下げ交渉です

 

良くお客様からどの位値下げが可能か聞かれますが

私が売主であれば答えられますが

正直言って分かりません

 

無責任のようですが売主様や物件により異なるからです

売主様がすぐにお金が必要で売り急いでいるようでしたら

多少無理な金額でも応じてくれるかもしれません

 

しかし相続等で取得したものの特に使う予定はないので

持っていても仕方ないので処分したいという方は

時間が掛かってもいいからできるだけ高く売りたいとなると

値下げ交渉には応じてくれません

 

また売りに出てから長期間売れ残っている物件は

当初の価格設定が相場より高かったり

立地条件や物件自体が良くない場合があります

時間の経過とともに売主様も売れない理由が分かれば

条件に応じてくれる場合もあります

 

逆に売りに出て間もなく

しかも条件の良い物件は

売主様も条件に応じてくれません

 

仮に指値(値下げ)をして買付を出しても

同じタイミングで満額の人がいればそちらになってしまいます

 

実は本日買付をいただいたお客様が正にそれで

昨日登録したばかりの物件ですが

立地条件・陽当たり・価格ともに良く

これまでもいろんな物件を検討してきたが

この物件は理想的なので申込をしたいとのことでした

 

当初書いていただいたときは20万円の値下げを希望されていましたが

満額のお客様が現れこの物件を逃してしまうのは惜しいので

満額で訂正をされました

 

仲介をさせていただく業者といたしましては

出来る限りお客様のご要望に応えられるよう頑張りますが

ケースバイケースで状況が異なってきますので

遠慮なくご相談ください

 

高崎市の売買不動産情報はアンサー

不動産の無料売却査定

LINEからお問合せ!

友だち追加